ただ今、主婦在宅中!

貯金なしスタートの子育てママ 副業から日常までお役立ちブログ

【友達に不倫、浮気を相談されたら】あなたが傷つかないためにも、知っておくべき3つの事

昨今、芸能界だけでなく一般においても「不倫」に関する話は聞くようになりましたね。それも自然な話題の一つとして。

 

個人的には、とても違和感を感じざるを得ないです。

 

今回は、「不倫をした人」ではなく周りの「友人」に対しての話をしたいと思います。

賛否両論あると思いますが、私個人の経験から思うことをそのままに書こうと思います。

f:id:zaitakuchan:20190221172618j:plain

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 「友人」が知っておくべきこと

友人が、妻子ある人との恋愛を始めた、既婚者の友人が不倫しているなど。

そうなっているのを聞いたら、通常「辞めさせよう」としますよね?

 

今まで、私は友人の相談を聞き幾度と説得し、辞めさせようとしました。

しかし、結果は「不可能」でした。

彼女たちが、「後悔」するのは全て最悪の結果になってからです。

 

「辞めさせるのはほぼ不可能」と思っていて下さい。

 

なんとしてでも辞めさせたい!と奮起しても、想像していた「最悪の道」に彼女たちは進むのです。その時、友人である私たちは「自分の無力さ」に傷つくのです。

 

その他にも、私の経験から「知っておくべきこと」をご紹介していきます。

※私の経験談から書いています。賛否両論あると思いますので参考程度にお考え下さい。しかし、これは仮に一般的に「一部の」話であっても事実であることをご理解下さい。

①首を突っ込み過ぎない

相手を思うあまり、あれこれと詮索したり、助言したり…

私も色んな視点から説明し、不倫や浮気をやめさせるように説得してきました。

時には、夫婦喧嘩の仲裁をしたこともあります。しかし、首を突っ込み過ぎると傷つくのは「自分」です。

 

そして大事なのは、不倫や浮気は「当事者」の気持ちが変わらないと終わりません。(心変わり、相手の奥さんや彼女にバレた等)

友人たちが説得する「理屈」では変わりません。(子供の気持ちは?相手も遊びだよ!いざ離婚したら?生活は?等々)

 

まず話を聞いたら一度は説得しましょう。

思いを全てぶつけて下さい。理屈なり、経験談なりです。

それで、相手が変わってくれたらラッキー、変わらないならそれ以上首を突っ込むのをやめましょう。

 

友人は、時にして無力です。まして男女のことなら尚更です。

②最大の決定を後押ししない、助言しない

最大の決定とは「離婚する、別れる」などです。

相手は、夫や彼氏に不満があり不倫や浮気をしている場合、内容によっては「夫、彼氏と別れて不倫相手、浮気相手とくっついちゃえ!」と思うかもしれません。

 

しかし、友人であるあなたがそれを「後押し、助言」するのはやめましょう。

なぜなら、何かあった時に「あなたが言ったから」と逃げ道にされるからです。

そしてまた、夫、彼氏は本当にひどい人ですか?その真実が分かるのは当事者だけです。

 

私の友人は、日頃から夫の悪口が多く、離婚したいが口癖でした。

ケンカの内容や、日頃の話においても夫に理解がなく、妻が我慢している。そんな構図でした。その友人は、ひょんなことから不倫相手が出来、それをきっかけに夫婦喧嘩もひどくなっていきました。結果、離婚に至りました。

友人の夫から話を聞く機会があり、結婚当時の話をの聞いてみると友人の話とは異なるものでした。とても「夫が悪く、それを我慢している妻」ではありませんでした。

 

私は、友人を信じ切っていてそんな苦労をするなら…と思い離婚するのもありなのかなと思っていました。そしてそれを友人にも伝えました。

それを自分(友人)の親、周りの他の友人に、「○○(私)にも離婚した方がいいと言われた」と言って回られました。結果、私が離婚の後押し(協力)をしたようになりました。

自分の浮気は伏せて。

 

友人の行動にショックを受け、立ち直るのに時間が掛かりました。

だからこそ中途半端な情報で、後押しや助言をするのはやめましょう。

あなたの友人の言ってることは、「本当に」事実ですか?

③友人=味方である必要はない

友人である以上、相手のよき理解者でありたいと思うものではないでしょうか。

だからこそ、相手を助けてあげたくなるものですよね。

しかし、この不倫や浮気において「味方」である必要はありません。

 

不倫や浮気に「正当な理由」はありません。

「寂しかったから」「ひどい旦那だから」「愛情がないのに一緒にいるとか無理」など

確かに、世にはひどい男性はいます。DV、アルコール依存症など。離婚、別れるのは最善であることもあります。

 

しかし、だからといって不倫、浮気が正当なこととは思いません。

離婚、別れてからお付き合いを始めればいいと思います。

 

賛否両論あると思います。

「別れられないから」「別れたら生活が」「子供を思ったら」など…

別れられない理由が重大なら、じゃあやめましょうよ?

でもやめれないのは、ただ「相手を好きになっている」からですよね?

 

相手は、不倫や浮気の正当性をあなたに話すでしょう。

しかしそれを理解し、味方になる必要はありません。

味方をするだけが友情ではありません。時に、突き放すことも友情です。

まとめ

不倫で傷つくのは当事者だけで十分です。

友人であるあなたが傷つく必要はありません。

「不倫・浮気」が出来る人は、ほぼ繰り返します。

その都度、説得しても意味がありません。どうか、自分が関係のない「不倫」で傷ついたりしないようにご参考にして頂けたらと思います。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています!


にほんブログ村